Facebookのザッカ―バーグが寄付した本当の理由!ビル・ゲイツやバッフェットも寄付する目的は?

0
480

先日、ザッカ―バーグが自身のもつ99%もの株式を寄付するという衝撃的な発表をしました!

99%もの株式は約5.5兆円にもなるという途方もない額です!それを全額寄付すると聞いて、誰もが驚いたと思います。

しかし、ザッカ―バーグは株式を寄付してもCEOを辞任する予定はありません。これはどうゆうことでしょうか?

通常会社の株式を51%以上の所有者が会社の経営者を決めることができる。

つまり、ザッカ―バーグが株式を本当に寄付して売却してしまったたら、会社のCEO、社長でいられなくなるのです!!

寄付の実態とは?

1_billgates
出典:http://itstrike.biz/

では、実態はどうゆうことでしょうか?

ザッカ―バーグだけでなく、ビル・ゲイツ、ウォーレン・バッフェットなども慈善団体を設立し、そこに多額をお金を寄付している。ウォーレン・バッフェットは自身が死んだ場合、資産のほとんどをビル・ゲイツの慈善団体に寄付すると公言している。

たしかに多額をお金を寄付し、慈善活動も行っているが、本来の目的は節税対策なのです!!!

寄付は節税対策??

アメリカでは寄付した分のお金だけ、税金が免除される仕組みがある。

つまり、ザッカ―バーグも今回寄付すると言いながら、自身が設立した団体にすべての株式を移すことで、あたかも寄付したかのように見せかけて、実際は自身が所有しているとほとんど変わらないのである。

そして、将来的に生まれてくる子供相続税の対策にもなる!

アメリカでは相続税が40%ほどあるが、子供にすべての株式を相続した場合、約2兆円もの税金がかかってしまう。

しかし、株式をすべて慈善団体に移し、慈善団体の役員を子供にすることで、まったく相続がかかることなく、子供は株式を得ることができる!!

日本でも同じようことが可能?

日本でも相続税の節税のために、さまざまなことが行われています。資産を海外に移せば日本の相続税がかからなくなる。

また、現金を建物に変えて相続し、また売却して現金化するという方法など、さまざま節税方法があるそうです。

お金持ちはいつまで経ってもお金持ち

お金持ちの方にはさまざま節税対策の方法を知っています。いくら相続税を上げたとしても、逃れる方法を知っています!!

お金もちはいつまで経ってもお金持ちですね・・・

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

返事を書く