プロ目線から見た『ベアハグ』の評判と口コミをする!

0
1359

こんにちは!管理人のアケチです。

今回はベアハグに行ってきたので、プロ目線で『ベアハグ』の評価(評判)と口コミをしたいと思います。

ベアハグは全国で58店舗展開する大手の整体院。

現在は整体院だけでなく、接骨院、エステと規模を拡大しています。
店舗も年々増加しており、イケイケの整体院。

今回は名古屋のベアハグに行ってきました。

べアハグの予約

さっそく店に予約!

リラクゼーションや整体院では通常電話で予約することが多いと思いますが、ベアハグはネット予約が可能!電話したくない人にとっては本当にありがたいシステムですね。簡単に予約できたので、ネットで予約。

 

そして、予約の時間になって店に到着!!

今回はベアハグ2回目だったので、特に説明もなく、同意書にサイン。

ベアハグにはさまざまなコースがありますが、メインが整体コースボディケアコース
整体コースは骨格に対してアプローチするコース。

ボディケアコースは筋肉に対してのもみほぐしコース。

前回はボディケアコースを選択したので、今回は整体コース!
ちなみに整体コースとボディケアコースの料金が異なります。

ベアハグの料金

料金がこちら!

整体コース

90分-10,000円
60分-7,000円
30分-4,000円

ボディケアコース

60分-6,000円
40分-4,000円
20分-2,000円

料金を見てもらうとわかりますが、整体コースの方がボディケアコースより1,000円高い!!

なぜ1,000円高いのか気になったので、今回は整体コースでお願いしました。

 

ベアハグは他の店とは異なり、前払い制です。今回は60分コースを選びましたので、税込みで7,560円を支払い、施術部屋へと案内されました。

img_2619

施術部屋

ベアハグでは施術部屋が個室になっています。リラクゼーションのお店で個室になっているところは少なく、女性にとっては嬉しい設備だと思います。

施術部屋の中がこちら!

img_2612

施術部屋にはあらかじめ着替えが用意されており、スリッパなど様々な必需品が用意されています。

img_2615

着替えが完了したらスタッフが部屋に入ってきて、施術スタート!

施術の前にスタッフが体で気になるところを聞いてくれて、腰と肩が辛いと伝えてそこを中心に施術。

通常の整体院などではあらかじめ体のチェックをしてくれますが、ベアハグでは施術前の体のチェックがない!!

 

「体のチェックがない!」という疑問を持ちながら、マッサージからスタート。もみほぐしであれば、体のチェックは必要ないと思いますが、整体という風にうたい文句にしてるのであればきちんと体をチェックして整える必要があると思いました。

整体コースはどんな施術を行うのか気になりましたが、主に指圧のような施術が中心でした。

マッサージは足の指先から首まで、あらゆる筋肉に対してアプローチ。

最初はうつ伏せの状態で背中、腰、お尻、足を中心に施術。

そして、仰向けにあって太ももと腕を中心に施術。

最後に座った状態で体をストレッチして終了!!

 

施術後は体のアドバイスと飲み物を選び、部屋からスタッフが退出していきました。

部屋から出たら先ほど選んだ飲み物が用意されていました。おしぼりも用意されていたので、サービスは本当に行き届いています。

ベアハグではポイントカードも用意されています。

bepoin

評価(評判)と口コミ

ベアハグの店舗は本当にキレイで、リラクゼーションや整体の中では本当にサービスが行き届いていると思いました。しかし、今回整体コースをやってもらったのですが、ボディケアコースとの違いがほとんどない!!

通常整体であれば骨盤の調整や足の長さの調整など、体の骨格を整えてくれる施術をしてくれるのですが、マッサージが中心で、体が整ったという実感もありませんでした。

 

施術は体の筋肉を意識してマッサージしているのがすごくわかりました。

1回目はボディケアコースを選択し、体が楽に感じましたが、今回はそれほど体に変化はなく、肩が楽になったという実感もなかったです。

どの店舗もそうですが、人によって実力がバラバラでした。

整体と言っていますが、腰痛や五十肩などは治らないと思います。

リラクゼーション気分で行かれた方がいいでしょう。

これからベアハグに行く予定の方は、整体コースではなく、ボディケアコースで十分です!!

サービスはよかったので、リラックスしたい人にはおすすめです。

 ベアハグの評価  ※★5が満点
 施術  ★★
 サービス  ★★★★
     設備  ★★★★★
 接客  ★★★★
 コスト  ★★★

総合評価 ★★★ 3.6

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

返事を書く