地震や災害時に使えるiPhone用の防災関連アプリをご紹介!

0
119

災害が起きると停電になったり、電話が通じなかったりと普段当たり前にできることが出来なくなってしまいます。
そんな時に役立つのがスマホ用のアプリ!今回は災害時に使えるiPhone用のアプリを紹介します。

災害情報がいち早く知れるアプリ

sma1

・Yahoo!防災速報

災害が起きた時、まず何が起きたのか知りたいですよね?二次災害を避けるためにも何が起きたかをいち早く知る必要があります。ネットで調べれば情報など出ますが、すぐに知るためにもYahoo!防災速報 が役に立ちます。
Yahoo!防災速報 は地域ごとに災害の情報がでるので、自分が住んでいる地域を設定することによりご自身に関連する災害情報を知ることができます。
価格:無料

避難場所がわかるアプリ

sma5

・防災情報全国避難所ガイド

災害が起きたあとは避難しなければなりません。災害が起きても避難しない人も大勢いますが、津波のようなことも起きる可能性があるので、身近にある避難場所を見つけるために役だつのが防災情報 全国避難所ガイド 。
価格:無料

応急手当の仕方がわかるアプリ

sma2

・応急手当
災害ではどうしてもケガ人が発生してしまいます。しかし、ケガ人が目の前にいても手当の仕方がわからない人も多いはず。そんなときに役立つのが応急手当 というアプリ。応急手当 では症状別に対応の仕方が載っているので、わかりやすく手当することができます。
価格:無料

自分の位置を知らせるアプリ

sma3

・i緊急装置
家が倒壊した時、家屋に埋もれてしまうようなことも起きてしまうかもしれません。そんな時に役立つのがi緊急装置 。こちらのアプリでは強烈なアラームを鳴らしてくれるので、周りの人たちに自分の位置を知らせることができます。またあらかじめ設定しておいた電話番号やメルアドにワンタッチで知らせてくれる便利な機能もついています。
価格:無料

天気予報がわかるアプリ

sma4

・Yahoo!天気
災害が起きた後、二次災害を避けるためにも天気を知ることはとても大切です。詳細な天気予報がわかるアプリはYahoo!天気 です。気になる地域を設定することができるので、自分がいる場所だけでなく、気になる地域の天気予報も一目でわかります。
価格:無料

アプリ以外で防災に役立つiPhoneの機能

停電が起きた場合懐中電灯が必要になります。しかし、懐中電灯が見つからない場合もあります。そんな時に役立つのがiPhoneのフラッシュ機能。簡単につけることができます。ホーム画面で下から上にかけてスライドし、左下の懐中電灯マークでフラッシュがつきます。

image1

iPhoneも実は地震の緊急速報を知らせてくれる機能があります。しかし、オフになっていることが多いため、鳴らない人も多い。緊急速報をオンにするには設定の中にある通知の一番下にオン、オフにするところがあります。緊急速報が知りたい人はぜひオンにしてみてください。

image2

image3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

返事を書く